先輩社員紹介 直営事業部新百合ヶ丘店副店主「平井 優里香」&イトーヨーカドー拝島店店主「渡邉 真琴」

大戸屋の味の核心に迫る 大戸屋だからこそ提供できる和食を生み出す 2001年入社 商品開発本部 次長 金澤 徹

トップページ > 先輩社員紹介:平井 優里香&渡邉 真琴

新卒入社2年目で副店主・店主に抜擢!

平井 優里香

――お二人が大戸屋への就職を決めた理由を教えてください。

平井:大学では微生物の研究をしていたので、食に関わる仕事に就きたいなと思っていました。その中でも食育に興味があったので、「食育セミナー」を開いている大戸屋に興味を持ったのがきっかけです。外食業界の大手企業でも、なかなかそこまでやっている企業はなかったので、おもしろそうだなって。

渡邉:私は高校生のときに3年間レストランでアルバイトをしていました。当時は接客もキッチンもやっていたのですが、それがすごく楽しくて。いざ就職活動をしようと思ったときに募集情報で大戸屋を見つけて、「そういえば一度だけ行ったことあるな」って思い出して受けてみたんです。そんな軽い気持ちからスタートしたのですが、入ってみるとすごくこだわりがある会社なんだなっていうことがわかって、仕事にのめり込んでいきましたね。

――入社してからは、どのようなキャリアを積んできましたか?

渡邉:私はまず武蔵境店に配属されて、武蔵小金井店に異動しました。2014年6月からは拝島店で店主として働いています。

平井:私は今2店舗目で、最初に配属されたのは多摩センター店です。副店主になる際に新百合ヶ丘店に異動になりました(※2015年1月より店主となりました)。
渡邉さんはもう店主になっているけれど、仕事はどうですか?

渡邉 真琴

渡邉:私の働いている拝島店は、新人店主の登竜門的な位置付けだと聞いています。売上はそんなに大きいわけではないのですが、常連のお客様が多くて、私より大戸屋のことをよく知っているような方もいるので本当に気が抜けません。平井さんはどんな仕事をしていますか?

平井:私はまだ副店主なので、店主に甘えてしまっているところもあるんですど、アルバイト・パートさんを教える機会が増えていたり、勤怠管理や発注など責任の重い仕事をどんどん任されるようになっていますね。

渡邉:頑張ろうとする人に対しては、本当にいろいろな仕事を任せてくれますよね。個人的にはPOPを書くのが好きなんですが、今は営業よりも売上管理などの店主業務に追われているのが実際のところです。数字がすごく苦手だから、SV(スーパーバイザー)にしかられることもしばしば…

平井:若くして店主になると、プレッシャーも大きい?

渡邉:はい。正直、主婦のパートさんに助けられてばかりのところもあります。毎日いろんなことに追われつつ、みんなに支えられて何とか頑張っているという感じです。平井さんのお店は忙しいって聞きますが、仕事は大変ですか?

平井:そうですね、うちは売り上げの規模が大きいので、お昼のピーク帯は息をつく暇もないほど忙しくなります。

立ちふさがる壁にめげず責任ある仕事を任される期待に応えたい

――「この仕事をやっていて良かった!」と思う瞬間は?

渡邉:お客様と会話ができたときは楽しいです。私は顔が童顔っていうのもあって、胸のバッジに「店主」と書いてあるのを見たお客様から、ビックリされることがあります。「若いのに、いつから店主をやっているの?」なんて話しかけてくれる方もいて。そういうお客様との会話はすごく楽しいです。

平井:私も、お客様の「おいしかったよ」という一言や、オーダーを受けるときに「いつもこれ食べているの」とか、そんな些細なやりとりに励まされています。1日にホールとキッチン両方出ることもあるのですが、自分が手を掛けた料理が、ホールに出て片づけるときに空っぽになっているのを見るとホッとします。「また来るね」の一言も、すごくうれしいよね。

渡邉:はい、その言葉だけで本当に励みになるし、明日も頑張ろうって思えます。それと、毎日まかないで大戸屋のご飯が食べられること(笑)。新しいおすすめメニューが出たら絶対に食べていますし、とくにデザートがお気に入りです。

平井:私も食べることは大好きですし、大戸屋のメニューはどれも身体にやさしくておいしいので、毎日食べていても飽きないですね。…って、食べること以外ではどう?私は、最近ではアルバイトさんが育っていく姿を見るときも充実感を覚えますね。

渡邉:それはわかります。自分が面接した方が仕事を覚えて、お客様に褒められたりすることがあると、じわじわっと喜びを感じるようになりました。とくに、私は料理の盛り付けにはこだわっていて、ちょっとでもおかしいと思うと「こんなのを出さないで!」と厳しくチェックしているのですが、次から教えた通りにやってくれるとうれしいですね。

平井:ホールの仕事でも、最初は何をしたらいいかわからなくて立ち尽くしてしまう方が多いんですよね。一人ひとりの様子をしっかりと見ながら、「こういうときにはこういう風に動くんだよ」って教えてあげるとすぐに覚えてくれるので、教えがいがあります。

渡邉:最近、人を教えることで自分も成長できるなって気づきました。店主としてはまだまだ未熟だけれど、そういう積み重ねをして、自分も成長し続けていくことが大切だなと思っています。

平井 優里香&渡邉 真琴

――これからの課題はどんなことですか?

渡邉:私の場合、とにかく精神面を強くしないといけないなって思っています。「店主」という名前をつけるだけで、ホールに出るのが怖くなってしまったり、責任の重さから逃げたくなってしまうときもあって… 実際、すぐに泣いてしまい、他の店主やSVにしかられることもありました。少しずつ成長はしているとは思いますが、もっと大人の店主にならなきゃいけないです。

平井:私の課題は店主業務を覚えて、1日でも早く店主になることです。あと、細かなところまでもっと気を配れるようになりたいですね。自分では気をつけているつもりでも、ピーク時はどうしても抜けがあったりしてお客様からお叱りの声をいただいてしまうこともあるので、すべてに対してきちんとやっていけるようにならないといけないなって。それと、最近は「教えること」に興味が出てきているので、アルバイトさんにもっと上手に教えられるようになりたいです。

渡邉:人に伝えるのって本当に難しいですよね。私は「言い過ぎたらどうしよう」と考え過ぎて、言えないこともあって…

平井:ちょっとしたことを注意しようと思っても、「この言い方で伝わるかな?」とか、「今の言い方は間違えたかな」とか、すごく考えてしまいますね。一人ひとりの性格も考えないといけないし、教えるのは奥が深いなって思います。

平井 優里香&渡邉 真琴

渡邉:「この子はどんな性格なんだろう」と考えるようにはしていても、本当に理解するのはすごく難しいなって思います。

平井:もし悩んで解決できなかったらどうしてる?

渡邉:前に働いていた店舗の店主や、他の店主に相談しています。ただ、私より年上の方ばかりなので、遠慮してしまうことも。だから、お休みの日に他の店舗にこっそり食べに行ってみるんです。そこで、新人のアルバイトさんを教育している様子をこっそりと盗み見て、参考にすることは多いですね。

――入社2年目で責任あるポジションを任されていることについてどう思いますか?

渡邉:正直、「私で大丈夫かな」って思うところはあるし、仕事をしていても失敗が続くと、自分の未熟さを感じることは多いです。

平井:でも、どうにかやっていけるものだよね。

渡邉:まだしかられてばかりだけど、自分なりに何とか進んでいけている気がします。それに、任せてもらえているっていうことは、きっと期待してくれているということだと思うので、その期待に応えたい気持ちもあります。

平井:何か壁にぶつかったとしても、店主やSVが相談に乗ってくれるので、周りに助けられていると思うことは多いですね。

渡邉:社員だけでなく、アルバイトさんが話を聞いてくれたり、励ましてくれることもあったりして。

平井:絶対に一人ではないよね。

渡邉:はい、追われると「孤独だな」なんて一瞬思ってしまうこともあるけれど、そんなときは必ず誰かが助けてくれるから、また頑張ろうと思えます。大戸屋には、すごくいい人が集まっているなって思います。

「こんな仕事がしてみたい!」その夢があるから明日も頑張れる

――将来はこういう風になりたい、これがやってみたいという目標はありますか?

平井:いろいろあるのですが、ひとつは商品部で働いてみたいです。学生時代から、お菓子作りで人を喜ばせるのが好きだったので、おいしいものを作りたいということと、自分が作ったもので人を喜ばせてみたい。もうひとつは、大学で学んでいた食品の知識を活かせたらいいなと思っています。大戸屋には衛生検査をする部署もあるので、いずれはそういう仕事にも挑戦してみたいですね。

渡邉 真琴

渡邉:私は入社当初からずっと、教育部の内藤部長という女性に憧れているんです。仕事もできるし、働く女性として魅力的で。だから「いずれは教育部に行くんだ!」って決めています。もちろん、今はそういう知識が何もありませんが、「ああいう風になりたいな」っていう存在があるだけで仕事にも身が入ります。店主になって思うのが、一人の後輩や部下を育てるのはすごいことだなって。私もそれができる人間になりたいし、内藤部長はまだまだ憧れの存在だけど、「絶対になってやる!」と心の中で決めています。

平井:大戸屋では、女性もたくさん活躍しているんですよ。実際、女性目線の店舗づくりや商品開発も積極的に行っているので、女性の感性が活かされる面はたくさんあるなって思います。

渡邉:商品部でも女性が活躍しているんですもんね。

平井:それに、大戸屋は女性のお客様も多いので、親しみやすさや話しやすさは男性に負けないっていう気持ちでやっています。女性のアルバイトさんも、女性社員がいると安心して働けるでしょうし、定着してくれるかなと思います。

渡邉:社会人になる前は、「これから男性ばかりの中に入って戦わなきゃいけないのかなぁ~」なんて思っていたんですけれど、いざ働いてみると女性もバリバリ頑張っているし、心配なくやっていけるなと思いました。

平井:私たちの同期も新卒は7割くらいが女性。みんなで悩みを話し合うこともあるし、最初にみんなで研修を受けたときは、ガールズトークをしたりしてすごく心強かったですね。

――休日やオフのリフレッシュ法は?

平井:テニスをしたり、買い物に出かけたり、外食したり、実家の犬や猫と遊んだりすることが多いです。

渡邉:私も買い物が好きなのと、食べて気分転換することが多いです。あとは日帰り旅行! 海が大好きで、日帰りで行けるときは城ヶ島に行って海をボーっと眺めて癒されています。行けないときは、YouTubeとかで波の音を探して聞くことも(笑)。でも、休みの日はなるべく外に出たいと思いませんか?

平井:出たいですね。友達とも遊びたいし、家にこもっているよりも、街に出て解放感を味わいたくなります。

渡邉:私は高卒で就職したので、友達は大学生の子が多いんです。私の休みは平日になることも多いので、友達と予定が合わなければ一人でもどんどん外に出かけちゃいますね。そうそう、平井さんはデートもしているのでは(笑)?

平井:まぁ~たしかに。恋人の存在は大きいですね。相手は土日休みだけれど、アルバイトで飲食の仕事をしていたことがあるので、私の仕事はよく理解してくれています。週末のどこかを使って仕事が終わってから会うこともありますし、そういう彼の存在は、仕事を頑張るパワーになりますね。

渡邉:どうやって知り合ったんですか(笑)?

平井:そういう話は後でね(笑)。渡邉さんは、好きな人とかいないの?

渡邉:残念ながらいません。でも、アルバイトさんにも、他の店主やSVからも「彼氏を作れ!」って言われているんです。早く彼氏を作って、仕事もさらに頑張りたいですね。

平井 優里香&渡邉 真琴

大切なのはマニュアルをこえて目の前のお客様を笑顔にすること

――働くうえで大切にしているのはどんなことですか?

平井:「親切かつ柔軟に対応すること」です。最近、「あさりのせいろご飯」というメニューを食べたいけれど、どうしても残したくないとおっしゃるお客様がいたんです。このメニュー、本当はご飯の量が決まっているので変えられないのですが、私はキッチンのスタッフにお願いして、ちょっとだけ少なめに作ってもらいました。そうしたら、お客様はすごく満足してくださって。 お客様を笑顔にするためには、柔軟な対応が必要なのだということを学んだ出来事でした。

渡邉:私は、お客様に対してどうしたら満足してもらえるかをずっと考えていて、最近、それは「笑顔」だなっていう答えにたどり着きました。自分が笑顔でいるだけで、お客様も笑顔になってくれると思うので、笑顔だけは誰にも負けない自信があります。ホールに出たら、どれだけ疲れていたり悩みがあったりしても、笑顔は忘れないようにしています。

平井:まだ知識も経験も浅いので、ついつい目の前の仕事に追われてしまいそうになるのですが、どんなときでも目の前のお客様の気持ちを考えて行動することが、私たちの仕事で一番大切なことだなと思います。

渡邉:一人の女性としても、社会人としても、さらに成長して輝けるように頑張ります。私たちがもっと活躍して、大戸屋を代表する女性社員になりたいですね。

平井:これからも同期として、一緒に頑張っていきましょう!

渡邉 真琴
高校卒業後、新卒で大戸屋に入社。それから1年3カ月、大戸屋史上最年少女性店主へと昇格。若干20歳の店主としてスタッフをまとめ上げ、笑顔と涙、試行錯誤の日々を繰り返しながら成長中。
趣味:ソフトテニス・バドミントン
好きな芸能人:石原さとみ・竹野内豊
平井 優里香
大学で食品衛生学を学び、新卒で大戸屋に入社。2年目に副店主に抜擢され、来客数の多い新百合ヶ丘店にて店舗運営業務、スタッフの管理・教育などに携わりながら、店主を目指して努力を続けている。(※2015年1月より店主)
趣味:お菓子作り・硬式テニス
好きな芸能人:綾瀬はるか・西島秀俊

その他の人を知る

採用情報

アルバイト情報 アルバイト採用の詳細情報はこちら

中途採用 年齢・学歴・職歴不問 あなたの経験を是非お役立て下さい

新卒採用はこちら

  • 熱い社長と出会える就職サイト PASSION業界就職ナビ
  • マイナビ