個人投資家の皆様からのご質問に回答。

大戸屋について

Q1:社名の由来を教えてください

創業者である三森栄一(故人)が東京・池袋で昭和33年に開業した「大戸屋食堂」が由来です。
温かい家庭の味を「全品50円均一」で提供し、「50円食堂」の愛称で評判となりました。
以来、家庭的な和定食をリーズナブルに提供する食堂として親しまれ、現在もその精神は受け継がれています。

Q2:店舗はどこにありますか?

「店舗検索」ページにて、お近くの店舗をご確認ください。
店舗検索

商品について

Q1:商品の強みを教えてください

店内調理による"できたて"の美味しさです。
素材の本来の美味しさを味わっていただくために、すべての料理はご注文をいただいてから調理にとりかかっています。

Q2:おすすめのメニューはなんですか?

公式サイトでおすすめの期間限定メニューを紹介しています。ぜひご覧ください。
http://ootoya.com/

事業について

Q1:事業に対する基本姿勢を教えてください

国内外で事業の拡大を図り、グローバルな大戸屋ブランドの確立を目指しています。
国内では、新規出店スピードの加速による収益基盤の強化・拡大とともに、既存店舗の活性化と収益性の改善に努めています。
海外では、アジア全体を一つの事業領域と捉え、タイ、台湾、香港、シンガポール等、東南アジア諸国への出店を強化し、現地での浸透を図る一方、世界展開の布石としてニューヨークにも出店してまいります。

Q2:価格戦略について教えてください

毎日食べたくなるような、おいしい家庭食をお値打ち価格で提供することを基本戦略としています。
そのため、クーポン券などの割引サービスは基本的に行なわず、定価をできる限り安く設定し、お値段以上の価値の提供をめざします。

Q3:海外展開の基本戦略を教えてください

現在、東南アジアを中心に店舗を拡大しています。
まずは現地に子会社を設立し、直営店舗を出店。経営が軌道に乗りましたら、現地企業とエリアフランチャイズ契約を結び、その株式売却益を、投資資金の回収と新規出店の資金としています。

Q4:財務面で重視していることを教えてください

当社では、有利子負債が売上高の25%を超えないよう留意しております。
今後も財務基盤を強化し、財務体質を重視した経営を目指していきます。

株式について

Q1:上場したのはいつですか?

平成13年8月、現在の東京証券取引所ジャスダック市場に株式を上場しました。

Q2:株式の概要を教えてください

以下のページからご確認いただけます。
株式概要・株価

Q3:株主優待制度はありますか?

お食事券のご提供や配当金を実施しています。詳細は以下のページをご覧ください。
配当金・配当施策