食の安全・安心のため、大戸屋では以下について安全性の確認をしています。

【食材の安全】

使用する食材は全て、原産地、加工地、原材料、製造方法が明らかにされているものを使用しています。
野菜は、国内外を問わず、産地を訪問し、栽培の様子、農薬、肥料の管理状況、残留農薬検査の結果や栽培方法の確認をしています。
また、調味料や畜肉などの日配品、冷凍された食材については、工場をご訪問して、衛生的状況、製造の流れ、場内や冷蔵庫・冷凍庫の温度管理などについて確認をしています。

【店舗の衛生】

調理する環境が整っていなければ、食品を正しく調理し安全にご提供することができません。
内部監査室やスーパーバイザーなどによる定期的なチェックはもちろんのこと、食品衛生研究所及び外部の検査機関による衛生検査を行い、店舗内の清掃状況や食材・調理器具の取り扱い、従業員の手洗いや身だしなみなど、多数のチェック項目を設けて衛生点検を行っています。

【細菌検査】

店舗の衛生状態は、目視での確認だけでなく、調理環境や食品の細菌汚染状況も合わせて確認し、食中毒や食品の腐敗などを防がなければいけません。
店舗の衛生点検時に回収した食材や環境の拭き取りサンプルは、山梨の「食品衛生研究所」と外部の検査機関にて、細菌検査を実施しています。
また、使用する食材の細菌検査の結果をもとに消費期限の設定などを行っています。
米・一部の葉物野菜、鮮魚に関しては、社内、及び第三者機関での放射線検査を定期的に行い、基準値を超えたものがないかを確認しています。